政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小泉は靖国参拝せざるを得ない

Excite エキサイト : 政治ニュース

まず自分のスタンスだが、日本が戦前も戦後も日本であり続ける以上、国策によって命を落とした人々に対し、日本国の政治的代表者であり陸海空三自衛隊の最高司令官でもある総理大臣が「謝意」を示すのはごく自然なことだと思う。
だが8/15にそれを行うのを義務だとまでは考えない。また参拝によって巨大なデメリットを被るのであれば、自身の参拝を控え、政府代表あるいは総理名代として閣僚の一人を送るくらいに留めてもよかろう。(ここでは公的か私的かという馬鹿馬鹿しい議論はしない)

非常に皮肉な事態だが、小泉とその政府は、二つの事情によって、最後の小泉劇場とでもいうべき「劇的な」靖国参拝を必要としている。

More
[PR]
# by youz | 2006-08-10 01:51 | 政治

論評する価値無し

Excite エキサイト : スポーツニュース

あのシーンはショッキングだったし残念だと思いましたが、原因に対しては何ら興味を持っていません。しかし、この原因を躍起になって探ろうとする動きに対しては、少なからぬ違和感と懸念を抱いています。

まず、「あの温厚なジダンがあんなことをしたからには相応の理由があったはず」という取り上げ方は、無意味というより、前提からはっきりと誤りです。ジダンはもともとああいう「キレ癖」のある選手で、それは彼のキャリアをちょっと見れば分かることです。

トッププレイヤーと称される選手の中で、彼ほど暴力行為によるレッドカードを頻繁にもらった選手もそうそういません。イタリア代表には「壊し屋」的な選手が付き物で、それは今大会ならガットゥーゾであったり問題となったマテラッツィであったりするのですが、彼らにしてもラフプレーによる警告・退場はあっても、「試合中の暴力行為」はまずありません。
ジダンは、普段がどれだけ寡黙で謙虚で温厚な為人だったとしても、少なくともピッチ上では、プラティニというより明らかにカントナの系譜を継ぐ選手でした。
もっとも、カントナが常に感情を解放させるタイプだったのに対して、ジダンは寡黙から激怒への変貌が異常に早いタイプだった、という大きな差はありますが。

More
[PR]
# by youz | 2006-07-12 19:16 | その他

繰り返すが代表だけがサッカーじゃない

Excite エキサイト : スポーツニュース

W杯から帰ってすぐ始動する選手も、休暇を楽しむ選手も、それは人それぞれ。
確かなことは、彼らはトレーニングに4年を費やすほど暇じゃないということだ。
シーズン再開に備える選手が「4年後の為に」などと報道されるというのは、
Jリーグの試合とそのための練習を「準備」呼ばわりされているということだ。
各クラブのサポーターはもっと怒ってもいい。
いや、もうマスコミに怒る言葉などとうに失っているのかも知れないが……。
[PR]
# by youz | 2006-06-26 22:28 | その他

・・・

Excite エキサイト : スポーツニュース

この審判は公正ではなかったが公平だった。
その無能さが両チームを等しく不快にさせたという点において――。

前半早々の宮本へのイエローも、
度重なる柳沢や高原へのトリッピングを流したのも、
後半、駒野がPA内で転倒したのを流したのも、

すべて、自分のジャッジが最終的な試合結果に責任を負うことから
逃れたかったからか。

という、要らぬ疑念をおぼえてしまう。
能力が足りないことには目を瞑るとしても、責任感までが欠如しているときては、
審判の資質無しとされてもおかしくあるまい。

もちろん、このオーストラリア選手の談話が真実だと仮定しての話だ。

しかし談話内容の真偽がいずれであれ、このオーストラリア人は自らのチームが
遂げた鮮やかな勝利を貶める発言をしたという自覚はあるだろうか?

審判のため、大会のため、敗れた日本のため、勝ったオーストラリアのため、
すべての関係者の名誉のために、この記事自体がガセであることを願わずには
いられない。
[PR]
# by youz | 2006-06-13 17:11 | その他

オフザボール

Excite エキサイト : スポーツニュース

 オーストラリア戦を想定した9日の紅白戦。珍しく自分でチャンスを作り、ゴールを決めた。主力組の完璧(かんぺき)なゴールは柳沢だけ。本人は「とりあえずできたかな」と、クールに話したが、自信ありの笑顔も浮かべていた。


 柳沢を代表のレギュラーに押し上げたのは「オフ・ザ・ボール」と、FWながら、ディフェンスをキッチリとこなすことだ。オフ・ザ・ボールは耳慣れない言葉だが、近代サッカーには必要不可欠なテクニックのひとつ。


最近見始めたファンならともかく、サッカー記者がオフザボールを耳慣れない言葉と表現するのはさすがにどうなんだろうか。
[PR]
# by youz | 2006-06-10 20:39 | その他

TB削除のお知らせ

商用と判断しうるTBリンクを削除しました。
過去のエントリに貼ってあるものなども全てです。
[PR]
# by youz | 2006-06-04 14:21 | その他

総聯と民団の和解について(覚え書き)

最近、時事ニュースに対して即時的にブログを書くという作業ができなくなっている。
いや元々そういう、感じたことを即時的に書くというのが苦手ではあったのだが、最近はますますそれが顕著になってきている。理由はよく分からない。
で、やはりかなり時期を逸した観はあるが、表題の件について。

むろん、無邪気にこの両集団の和解を喜んでいる人も多い。
が、総聯による民団の乗っ取りでは?という疑念の声が多いように思える。
私はそれは疑念どころか、あまりにも呑気な見方であると思えて仕方ない。

総聯と民団の和解。そして民団の要求に総聯がほとんどゼロ回答だったのに対し、総聯の要求はその多くが棚上げにされたものの、民団が頑として「拒絶」したわけではなく、努力目標に掲げられたといったほうが的確かも知れない。

さて、総聯による民団の乗っ取りという意見が「呑気」であると私は述べた。

なぜか。

More
[PR]
# by youz | 2006-05-30 02:53 | 政治

日本代表

うん、選手選考はまあ妥当。
「あいつがいれば勝ててた」って言われるであろうことは毎度のことだし。

「最高のFWはいつだって試合に出ていない」
とはよく言ったもので、同じ試合が二度とない以上、つい我々は「ああもできた、こうもできた」と後から考えてしまう。選手や監督にとって、それは反省という意味で決して無駄ではないのだが、我々ファンが考えても詮ないこと。
(選手が挨拶に来なかったと言って怒り出すようなサポーター様は知らん)

とりあえず応援していこうかな、と思う。

99年ナイジェリア組がこれだけ揃った代表も、おそらく今回が見納めになるだろうしね。
[PR]
# by youz | 2006-05-16 01:14 | その他

日韓それぞれの外交とその危うさ

一部の韓国ウォッチャーの中で、韓国外交通商部への同情が広がっている。
実務当局が血を吐くような思いで交渉にあたり、双方に都合良くとれる曖昧な文を起草し、ようやく合意に達した、あるいは達しそうになった件を、こともあろうに大統領が引っ繰り返すような事案が相次いでいるためだ。
日韓ともに、行政の最高責任者およびそのスタッフが、外交の実務当局をあまり信頼していないように見える状況がここ数年続いている。
そして、両国ともに官邸外交に移行して、その成果は正反対、との意見も出ている。

しかしことはそれほど単純ではない。

たしかに小泉政権の外交は、その初期(田中真紀子外相時代)を除き、対中韓で行き詰まりを見せているものの、それも含めて一定の成果を挙げてはいる。それに対して盧武鉉政権による外交は、対日・対米関係を損ない、対北関係では関係改善に重きを置くあまり一方的な譲歩を強いられと、私から見るとあまり良いところがないように思える。
しかしこの双方ともが、若い世代を中心に、その外交方針が支持されているというところを見逃してはならない。

More
[PR]
# by youz | 2006-04-25 22:57 | 政治

セカンドベスト

Excite エキサイト : 政治ニュース

外交交渉に完勝はありえない、と思っています。
今回は政府および外務省を評価すべきでしょう。
問題の先送りに過ぎない、という批判も当然ありえますが、海底名称問題と領有権が密接にリンクしているため、ここで決着をつけることはできない相談でしょう。
妥協しすぎ、甘すぎる、とも思いません。
そもそも調査自体が韓国によるIHOへの海底名称提案へのカウンターである以上、提案を先送りさせることに成功した以上、調査を強行する理由は日本側にはない。もちろん、日本領である竹島の周辺において海洋調査を行うことが日本にとって所与の権利であるということは踏まえた上で、です。

竹島問題をあそこまでフォーカスすることが、あの島を事実上実効支配下に置いている韓国にどのようなメリットがあったのか実に疑問です。
「わが国EEZで他国が科学的測量を行うことは、わが国の主権を何ら制限するものではない。独島がわが国の領土であることは自明であり、騒ぎ立てることではない」
…ってあっちの大統領または外商部が発言していたら、ここまで騒ぎ大きくならなかったと思うんですけどねえ。それが韓国だと言ってしまえばそれまでなのですが。
20隻の警備艇を出動させ、海軍にも待機命令。
(まぁ舞鶴に海自護衛艦群がいましたから、海軍待機は妥当かも知れません)
そこまで揃えて2隻の非武装船(調査船)を侵略のシンボルに仕立て上げてしまったり、手持ちのカードが少ない上に、勝利ラインをどんどんレイズしていくあたりはさすが韓国といった感じでしたw

あとまあ、今回の騒動で疑問に思えたことがいくつか。

More
[PR]
# by youz | 2006-04-24 16:50 | 政治