政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


処分そのものは正当。だが…

Excite エキサイト : 政治ニュース

 自民党は21日、党紀委員会(森山真弓委員長)を開き、通常国会で郵政民営化法案に反対した59人の審査を始めた。衆院解散に伴って新党を結成した綿貫民輔前衆院議長ら計9人については、離党届を受理せず同日付で除名処分にした。党紀委は28日に残り50人の処分を決めるが、特別国会で賛成に転じた野田聖子元郵政相ら衆院議員11人の取り扱いが焦点となる。(後略)

小泉の手法については賛否両論あるだろうが、彼らは衆を募って総裁の首を取りにいったんだから、返り討ちにあった以上処分は当然だろう。
しかしすでに新党も作っているんだし、「自分たちはすでに自民党を離れ、その上で選挙を戦って国民の審判を仰いでいる。今さら除名などは自民党執行部の自己満足に過ぎない」とでも言ってりゃ良かったのに。

反対した動機がどうあれ、また彼らの行動に対する賛否がどうあれ、筋を通したと思ってたんだが……コメント見ると、ほとぼりが冷めたら復党しようってのがありありで、やや失望。

自民党内の問題からはやや逸れるけど、この政局でもっとも問題だったのは、参院で反対票を投じて否決しておいて、衆院選結果を見て意見をひるがえした何人かの参院議員だと思う。幹事長訓告くらいの処分になるのかも知れないけど、二院制への信頼を根底から揺るがしたという点では、参院否決→衆院解散の小泉の手法以上に罪は重いよ・・・。
二院制堅持派だった自分としては、あれをさほど問題視しない(ブログも含めた)メディアの方もどうなんだと思う。それともみんな参院にはもう何も期待していないってことか?
[PR]
by youz | 2005-10-22 04:36 | 政治
<< 素晴らしい問題提起、そして悲しい結論 新慰霊施設の危険性 >>