政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


親米?親中?

小泉政権の対米追従路線、そしておそらくはそれに伴う対中関係の悪化に懸念の声が大きい。外交のフェーズにおける靖国問題は、枝葉の話であると私は思っている。
そして小泉と同じく靖国問題で中国からバッシングを受けた人物が日本の歴代首相に一人いる。(一人だけというのはまた意外という他ない)
言わずと知れた中曽根大勲位である。
彼と小泉の両者に共通した外交ビジョンは、「とにかく今はアメリカについてゆくより他はない」といったところであり、首脳同士の親密さを非常に強くアピールしたところも似通っている。

中曽根が靖国公式参拝を引っ込めたのは、中国の内政事情(知日派・開明派の要人の政治的立場を守るため)であることは以前述べた。

日本の政策が対米追従であるという指摘に異を唱えるつもりはない。
中国と仲良くしたい、友好関係を結びたい、というのも理解はできる。

しかしながら親米反中か然らずんば親中反米かという二者択一には違和感を覚えざるを得ない。私は独立独歩の日本を理想とする。むろんこれは両方と険悪になれという意味ではない。両大国を牽制しうる立場に日本が立つことを理想とする。

韓国盧武鉉政権が「東アジアのバランサー論」を唱えたが、それはおそらく日本であって初めて可能なことだろう。(とはいえその新機軸を打ち出した盧武鉉には敬意を表する。それがたとえ北朝鮮擁護の苦し紛れだったとしても、韓米安保を有名無実化しかねない危険をはらんでいたとしても、である)



日本であって初めて可能である、と私は述べた。
しかしそれは、対米・対中できわめて相互依存度の高い経済構造をもっていることによる。つまり端的にいえば「金の力」に限った場合のみである。
両国を手玉に取るような外交手腕を日本の政治家や外交官に期待してもよいのだろうか?彼らはそれだけの期待に足ることを今まで実績で示してきただろうか?
だから次善の策として対中関係改善であり、その為に米国と距離を置こう、と一部の人々は言うのだが、これは私には理解できかねる主張である。

対米関係が密着しすぎているから対中関係が険悪化する。それが中国の軍事的脅威を呼ぶと言う。これはまったくその通りだと私も思うが、対中関係が劇的に改善し、その代償に米国との関係が急速に冷却化した場合、米国の軍事的脅威というものが浮上してはこないか?

米国の対日政策がドラスティックに変化する可能性がないとはいえない。現に米国、というより東アジアに展開する米軍は、その総司令部を横田基地からグァム島に移した。日本が米中を無視しては生きられない以上、日本は常に両天秤をかけられるよう準備を怠ってはならない。しかし米国との関係悪化を自ら招くような愚行はあってはならない。

中国との急速な接近は、否が応でも米国の猜疑と不信を招くであろう。
そしてそこまでの代償を払って接近した中国は、今まで米国がそうしてきたような東アジア集団安全保障のビジョンをもっているのだろうか?
中国に米国の代わりは務まらないし、また中国自身にもそのような義務はない。
何より日本は自らの手で国を守らねばならない。当然だ。しかし米国の手を借りねば中国に対抗することも覚束ないこの日本が、いかにして中国を遥かに凌駕する米国の軍事力に対抗できようか。
また日本は米軍需産業の研究開発の成果なくしてスムーズに自国内の軍需産業を育成することができるだろうか。現行の自衛隊の規模では、莫大な基礎研究を要する軍需産業が自国内のみで利益を出すことは不可能に近い。(現在は莫大なライセンス料を払っているとはいえ、各社が自前で大々的な基礎開発を行わずに済んでいるから何とか採算がとれているのだ)
当然輸出を行わねばペイしないのだが、それは軍需産業が国政とりわけ外交に大きな発言力を有することを意味する。それは一有権者としては看過しえぬ事態だ。

極端なところ、対中接近・米国離れは、日本の軍事大国化への第一歩である。米国の核の傘から離れたら、自力での核武装も要検討項目を超えて「急務」となるかも知れない。
好むと好まざるとに関わらず、アメリカを離れた上で安全保障を維持しようとすればそうせざるを得ないのである。

誤解しないでほしいのだが、何も私は対中関係改善に反対というのではない。
現在、大雑把ながら日米の距離を1、日中の距離を9としよう。これを3:7くらいに是正することは現在の安全保障の枠組みでも可能と考えるし、いずれ必要となることだろう。しかしながら中国の体制・姿勢が変わらないうちに日本の側からこれを持ち出すのも愚かな話であるし、ましてや上記の比率を逆転させ、米国の軍事的脅威を視野に入れて国防を考えねばならないとなると、冗談ではなく日本は奇形的な軍事大国への道を選択せねばならぬ可能性が高い。

情緒的な親中感情、アジアは一つ的な嫌米感情から上記の道を歩むのであれば、それは一体先の大戦と何が異なるのだろうか。

アジアがEUと似た道を歩むには、あとたっぷり半世紀は必要だろう。

追記
文章に不適切な箇所があったので修正しました
[PR]
by youz | 2005-10-27 01:51 | 政治
<< 日本の韓国軽視 残念?な話 >>