政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


gold-line氏への回答

 安全神話と思想と政治

何度か言及してきた“すろうもーしょん。”がT/B、コメント欄を復活させた。喜ばしい限りだ。

gold-line氏とは根本的な思想が異なるので、いくら話しても平行線だと感じることが多いのだが、氏との対話は妙に楽しい。同じ事象からまったく逆の発想をするものだから、私にとっては大いに刺激になる。

彼はやはり武力というものの存在自体に懐疑的であるようだ。
上記TB先のエントリでもそれについて述べている。
私の読解力がまともであれば、「突然の侵略が起きた場合、自衛隊は(むろん米軍も)日本人の安全を保証できない」と要約できる。
これを完全に否定することはできない。侵略行為の第一撃を受けた際、そこでおそらく日本人に死者も出ようし怪我人も出るだろう。そこに自分が含まれる可能性も否定はできない。現実問題として、怪我人の一人も出さずに国土を守ることは自衛隊には不可能だろう。
また上陸を許したら、日本国内で凄惨な地上戦が繰り広げられることは想像に難くない。自衛隊の指揮系統が寸断されたら、国民が銃を持って立ち上がらざるを得ないという事態も想定しうる。(自衛隊を無力化するほどの「敵軍」に対し、義勇兵が純軍事的に有効かという課題はあるが)

そして私に対する問いかけ「安全とは?平和とは?」

安全とは、不当な理由…その人に何ら過失がない場合において生命財産を失う可能性が一定以下に抑えられている状況。(ゼロにはできない)
平和とは、友好的であれ敵対的であれ、秩序ある外交関係が継続していること。いかなる国が相手であろうと相手国の道徳観に期待するのは愚の骨頂であり、自国が有効かつ可能なことをやった上でなければ外交とは言えない。



私は国家が所有する武力、軍事力と言い換えてもよいが、これの存在は必要であると考えている。以前のエントリでも述べたが、上記のような事態、つまり突然の侵略を許さないために必要なのだ。
憲法9条の改正によって、自衛隊が自衛軍になったとして、それによって彼らの装備が劇的に向上するわけでもなく、彼らの戦略・戦術能力が向上するわけでもない。財務官僚と防衛官僚の質の差、力関係を見る限り、自衛軍になったら予算が付けやすくなるというわけでもなかろう。(財務省はもちろん警察庁を第一志望とする一種合格者は多い。一方で防衛庁内局を第一志望とする一種合格者はきわめて稀である)
ではなぜ9条改正が必要なのか。
それは、日本国は日本人の手で守るという意思表示であり、乱暴な言い方をすると「突然殴りかかってきた奴は殴りかえす」という決意表明である。
すなわち抑止力の強化である。

イデオロギーによる紛争は世界からほぼ消えた。また日本は宗教・民族紛争とも縁がない。したがって完全に非理性的な侵略を受ける可能性は少ない。

では「理性的な侵略」とはいかなるものであろうか。
侵略によって得られるメリットと発生するリスクを比較したとき、前者の方が圧倒的に大きい場合の侵略である。相手国が非武装である場合、また圧倒的に軍備の質・量ともに劣る場合、後者は激減し、侵略を否とする動機は薄まる。
相手国の道徳観に依存するのであれば、そもそも外交すら不要である。


一例として台湾を挙げよう。
もし台湾が非武装であれば、とっくにあそこは名実ともに中華人民共和国台湾省となっている。米国は両岸の現状維持(台湾の独立派にも大陸側の武力併合派にも与さない)を望むというスタンスをとっており、中国がミサイル開発を進めて矛先を台湾に向ければ、台湾は米国から最新式の戦闘機・攻撃機を購入するといった案配だ。空軍力では台湾が圧倒的に優っているため、ミサイル攻撃はできても、その攻撃の直後には沿岸の軍事基地は壊滅するであろう。下手をしたら長江のダムを破壊されるかも知れない。また陸軍力では圧倒的な優位を大陸側が占めているため、いかに空軍力が優っていても、台湾がかつての国是であった「大陸反攻」を行うことはまず不可能である。※台湾はすでにこの国是を捨て去っている

これは軍事的な面だけ取り上げれば、そのまま日本と北朝鮮、日本と中国にも当てはまる。
日本の陸上自衛隊の規模は、日本の人口に比してきわめて小さく、兵士数は少ない。
しかしながら空自・海自は、航空機・船舶の数はともかく質では確実にアジア最強である。
中国が日本を侵略しようとすれば、渡航兵力の過半を日本海と東シナ海でうしなう覚悟が必要になり、また逆の場合、日本は渡航した兵力のすべてを大陸でうしなわねばならない。
したがってこの両国のさまざまな懸案が武力紛争に結びつく可能性はきわめて少ない。
抑止力としての軍事バランスとしては、非常に理想的であると思われるが、近年中国が特に海空軍の拡充に非常に力を入れているという実情もあるので、今のバランスを保つために日本が軍拡という選択肢を取らねばならない可能性は高い。

武器なき平和。それはまさに理想だ。その理想を否定するわけではない。まして笑うことはできない。崇高な理想であると思う。しかし戦争とは軍事バランスが崩れたときに起きるものである以上、現時点では理想の域を一歩も出ることはない。
現実として、武器なくして平和を保つ術を、まだ人類は発見していない。自分が過去の賢人たちより賢明であるはずもなく、武器なき平和への具体論を述べることなどできるはずもない。したがって私は武力の存在を肯定する。

自分とて東アジア諸国との関係がさらに良くなることを望まぬわけではない(ただし北朝鮮との国交正常化は時期尚早であると確信している)。だが関係が良くなることと、紛争の可能性を全否定することはまた別の話だ。

また戦争を避けるためには粘り強い交渉が必要不可欠だ。
しかし粘り強い交渉を行うには、相手と同等かそれ以上のカードをもっていなくては最終的には確実に負ける。中国との間でもっともホットなトピックスは靖国ではなく尖閣でありその沖にある海底油田だ。上記に挙げた軍事バランスにより、中国が日本と全面戦争を行いその国土を占領する……といったところまでは不可能だろう。だが、尖閣沖での軍事攻撃という選択肢はある。(現に軍事的恫喝は受けまくっている)
積極的に相手を恫喝せよとはいわない。だがこのような相手に対して「同じことを繰り返させない」という意志と能力を明確にしておく必要はあろう。

日中戦争など、日本人も中国人もまた世界中の誰もが望んでいない。
しかし誰も望まず誰も得をしなかった戦争など歴史上いくらでもあった。また戦争を避けようとするあまり戦禍が拡大したという例も、いくらでも列挙することができる。
隣国の国家行動が、日本人の手によってコントロールできるものではない以上、たとえそれがわずかな可能性であったとしても、全面戦争に至らぬよう努力する必要はある。そしてそれは、相手国が自国に対して武力行動を起こした際の直接的なデメリットとリスクを明確にしておくことがもっとも重要であり、その手段は(使用されないことを望まれる)武力の存在である。

以前のエントリと重複している部分も多々あるがご容赦を。
[PR]
by youz | 2005-10-30 15:32 | 政治
<< 内閣改造 町村退任?! 稀代の喧嘩屋 小泉純一郎 >>