政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


右・左・ブログ・2ちゃんねる

さて、今回は軽い気持ちで読んでいただけると幸いです。

前々エントリー「当ブログのポリシー」を書いて、ふと思ったことがあります。
以前、左右対立軸はもはや意味を為さないと書きましたが、政治的な対立軸として意味を為さなくなっても、やはり右と左という「分類」は存在します。それはネット上においても例外ではありません。
改憲、イラク戦争、対米関係、対東アジア関係、靖国、天皇、経済政策、財政健全化の方途、そして現政権への支持不支持。これら諸々のトピックスにおいて左右が綺麗に分かれるわけではありませんが、やはり一定の傾向はあります。
まあそこで何が言いたいかということなんですが、右にはコメント欄をオープンにし、反対意見のTBに対して鷹揚な方が多い。むろん反論コメントはありますが。つまりコメント欄を議論の場と捉えている方が多い。対照的に左にはコメント欄・TB欄をクローズしているか、オープンにしていたとしてもかなりセンシティブに削除という手段を用いる方が多い。似た意見の方同士でTBしあって、言い方は悪くなってしまいますが馴れ合い的な空気を作っていることが多いように思われます。

注1.どのブログを右とし、どのブログを左としたかについてはご容赦を。
注2.どちらが良い・悪いの話ではありません、念のため。

これはなぜかと考えたとき、やはり2ちゃんねるなどの大規模掲示板の存在を抜きにしては語れない。
2ちゃんねるという、ブログなどに比べても超巨大勢力といえる掲示板が日本には存在します。国際社会で言えばまさにアメリカ合衆国。ブログはやっと日本かEU並、いやいやひょっとしたらまだASEANの水準かも知れず、いずれにせよまだまだ2ちゃんねるには敵わない。
と、話がずれました。この2ちゃんの中でもっとも多くのリーダー・ライター人口を抱えるニュース速報系の板はほとんどが「右」といって過言でない傾向にあります。いわゆる「右翼」「民族主義者」とは若干違うような気もしますが、まあ気分的に右寄りの人が多数を占めている。



おそらく左右とも、自分の意見を述べるにはBBSよりもブログの方が遥かに適しているとしてブログを選択した方が多いのでしょう。
おそらく――これは私の主観で、根拠には乏しいのですが、自分も含めて右寄りのオピニオン系ブロガーは、一定期間2ちゃんねる(特にニュース速報系、マスコミ、中国、ハングル)やあるいはYahooなどの大規模掲示板にいて、その上で「こりゃダメだ、話にならん」という結論に達し、ブログというメディアを選択した方が多いのではないかなと。結論として同意してくれる人が多くても、それらがあまりにも稚拙な論理であったり、あるいは感情的なもの、煽りやときには晒しなどを見ていると、短期間ならよくても中長期間となるとさすがに嫌にもなりますよね。
とはいえ大量の情報が流れているというのは魅力でもあるから今もROMしている方、あるいはニュース系以外で書き込みもしている方、多いのではないでしょうか。

対して左とされる方の多くは、最初から2ちゃんねるをはじめとする大規模掲示板をほぼスルーしてブログを始めた方が多いのかなと。あるいは小規模BBSから直接ブログというパターンか。2ちゃんねるニュース系は特に、左派的思想の持ち主であれば、画面を眺めただけで嫌悪感を抱いたとしても無理はないと思います。

大規模掲示板に一定期間出入りしていると、嫌でも荒らし・煽りに対する耐性がつきます。そういった点、右系のブロガーは2ちゃんねる(に限りませんが大規模掲示板)である意味ですが鍛えられた。
左右とも、自分の意見を書く場としてBBSではなくブログというメディアを選んだというのは共通していますが、そこに至るまでのプロセス(特に大規模掲示板との接し方)に大きな差があったのではないだろうか、と。

そう考えると「右」に属するであろうブロガーが、「左」に属するであろうブロガーにコメント欄開けだのTB削除しないでよだの言うのは、ブログはブロガーの私物だということを抜きにしても、やはり不適切な要求なのかなーと思わないではないんですよね。

まあ、これこそ本来ならやらない「仮定に仮定を重ねて結論を出す」 いわゆる電波な論法なんですけどね。その上安易なカテゴライズではありますが、そうそう外してはいないと思います。
皆さんはどうでしょう?

追記:文章を一部修正しました
[PR]
by youz | 2005-11-13 11:57 | その他
<< 選挙報道について すろうもーしょん。への返信のよ... >>