政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


失望

Excite エキサイト : 政治ニュース

民主党は阿呆か。
……と思わざるをえない顛末。

武部幹事長(および次男)への疑惑を根拠薄弱なまま予算委員会の場で口にし、ライブドア本社のサーバとPCを押さえている検察が「そんなの知らん」と言うや、与党と司法の結託と癒着を唱える。
後者の方がよほど重い発言であることは言うまでもない。

仮に、与党と検察が結託し、検察があるはずの証拠をないと言っているという確信があり、それに結びつく確たる根拠があるなら、それこそ国政調査権の発動にふさわしいだろう。むろん対象は個人口座などではなく検察庁だ。
民主党はそこまで考えてこの発言に至ったのだろうか?




おそらく民主党は、与党が国政調査権発動を是とするなどとは考えてもいまい。
それはそうだ。怪文書にも等しい紙一枚をもって国政調査権発動に至るのであれば、それこそファシズム以外の何者でもない。これが許されるのであれば、同じ手法、つまり出所の確かでない文書を掲げ、根拠を示さないまま「私は証拠を掴んでいる」と言うだけで、与党は民主党議員とその家族の口座を洗いざらい調べ上げることができてしまうということになる。
民主党の甘ったれた感覚は深刻だ。それは野党という立場に対する甘えであり、そして自民党に対する甘えである。それこそがこのような状況を生んだのではないか。

お笑いぐさでしかない騒動だが、民主党には深刻な失望を覚えずにはいられない。
[PR]
by youz | 2006-02-22 22:31 | 政治
<< マスコミの自浄作用 現代と未来の日本における皇位 >>