政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:政治( 25 )

処分そのものは正当。だが…

Excite エキサイト : 政治ニュース

 自民党は21日、党紀委員会(森山真弓委員長)を開き、通常国会で郵政民営化法案に反対した59人の審査を始めた。衆院解散に伴って新党を結成した綿貫民輔前衆院議長ら計9人については、離党届を受理せず同日付で除名処分にした。党紀委は28日に残り50人の処分を決めるが、特別国会で賛成に転じた野田聖子元郵政相ら衆院議員11人の取り扱いが焦点となる。(後略)

小泉の手法については賛否両論あるだろうが、彼らは衆を募って総裁の首を取りにいったんだから、返り討ちにあった以上処分は当然だろう。
しかしすでに新党も作っているんだし、「自分たちはすでに自民党を離れ、その上で選挙を戦って国民の審判を仰いでいる。今さら除名などは自民党執行部の自己満足に過ぎない」とでも言ってりゃ良かったのに。

反対した動機がどうあれ、また彼らの行動に対する賛否がどうあれ、筋を通したと思ってたんだが……コメント見ると、ほとぼりが冷めたら復党しようってのがありありで、やや失望。

自民党内の問題からはやや逸れるけど、この政局でもっとも問題だったのは、参院で反対票を投じて否決しておいて、衆院選結果を見て意見をひるがえした何人かの参院議員だと思う。幹事長訓告くらいの処分になるのかも知れないけど、二院制への信頼を根底から揺るがしたという点では、参院否決→衆院解散の小泉の手法以上に罪は重いよ・・・。
二院制堅持派だった自分としては、あれをさほど問題視しない(ブログも含めた)メディアの方もどうなんだと思う。それともみんな参院にはもう何も期待していないってことか?
[PR]
by youz | 2005-10-22 04:36 | 政治

憲法改正は一院制から?

Excite エキサイト : 政治ニュース

仕方ないだろう。
他ならぬ政権与党の参院議員たちが、自分たちで参院の存在価値を否定してしまったのだから……。

参議院は6年任期で、憲法上誰にも解散権はない。
総理大臣が解散させることができるのは衆議院だけ。

衆院選の結果を受けて「民意」という言葉がTVを賑わすようになった。
で、民意を受けて自民で反対票を投じた議員たちの多くは賛成にまわるという。
確かに今この時点で、民意は自公に2/3という信じがたいほど多くの議席を衆議院で与えた。だけど参院議員のあんたらは、6年の任期と身分保障を与えられたあんたらは、それに抗えとまでは言わんけど、今の世論に媚びる必要はさらさらない。
数からいえば参院定数の1/10にも満たないが、彼らの変節は、国民に「参院不要論」を改めて提示することになった。しかもこの上なく深刻に。

俺は現政府を大筋で支持しているが、参院で否決されたから衆院を解散というのは筋としておかしいんじゃないか?とは思っていた。まあそれ以上におかしなことを対抗野党が言いまくっていたんだけどね……。


※自分は憲法改正と書く。
[PR]
by youz | 2005-09-15 00:34 | 政治

改革ファシズムという幻想と自民党の解体

二大政党体制からファシズム体制の時代へ - 民主党の終焉

上は非常に知名度の高いブログの最新エントリである。
私とはポリシーの異なる方だが、それなりに敬意をもっている。

無論アンチ小泉の一言で括れるようなブログでもない。

が、それでも、この事態を革命と呼ぶことはともかく、ファシズムと呼ぶことにはいささかも賛成できない。
なるほど確かに歴史的な選挙ではあった。
革命的な選挙でもあったかも知れない。
「日本の民主主義は死んだ」そう書いたタブロイド紙があったが、死んだのは自民党の寡頭制共和主義である。
手っ取り早く言うと派閥政治であり、有力者同士の権力と利害を調整した上で物事を決定するというシステムである。
自民党はこれによって独裁的な総裁や幹事長の出現を阻んできた。
一方で政策が一貫性を欠いたり、決定が極端に遅れるといったマイナスの現象も起きた。
小泉は「自民党をぶっ壊す」と言い、そして事実上これを実現させたが、彼が壊したのは他でもないこのシステムである。田中角栄の時代以来、野党に対する支持や期待感のほとんどは、この自民党システムに対する閉塞感・危機感・嫌悪感に根ざしていたといってもいい。
小泉は政府の党に対する優越を確立させた。
日本の国政は自民党の旧システムから引き剥がされた。しかも野党の手によらず。
この選挙を革命というならばこれこそが革命であろう。

more...
[PR]
by youz | 2005-09-14 16:20 | 政治

悲しい出来事

以前から小泉に批判的だった人が、ネット上の議論の末に共産主義者と
呼ばれ、幼稚で卑劣なレッテル貼りだと怒っていた。
その通り、こんなものは幼稚で卑劣でおまけに下品なレッテル貼りに過ぎない。
そこで怒るのはむしろ正当な感情の発露だ。
(こうした経験のある方は他にもいるのではなかろうか)

しかし選挙後、その彼が、自民党を大勝させた人々を「カス」「家畜」と言い捨てて
何ら悪びれるところがなかった。

滑稽を通り越して悲しくなった。
[PR]
by youz | 2005-09-13 11:39 | 政治

民主主義は怖いものだ

Excite エキサイト : 政治ニュース

この極端すぎる結果も頷ける。
一票でも多く取った側がその選挙区を全面的に代表する。
マスコミも有権者もほかならぬ政治家も、小選挙区制、否、民主主義自体に
ついての認識が甘すぎはしないか・・・・?
[PR]
by youz | 2005-09-12 13:56 | 政治