政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz
カテゴリ
政治
宗教
歴史
その他
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
週刊!Tomorrow'...
◆木偶の妄言◆
七生亡国
ジャパン・ハンドラーズと...
新聞読んだ?
とくらBlog
このままでいいの?ニッポン
静かなる革命2009
T.N.君の日記
漂流生活的看護記録
世に倦む日日
最新のトラックバック
trip mileage..
from trip mileage c..
pointing labs
from pointing labs
lacquer wood
from lacquer wood
army surplus
from army surplus
learn to pla..
from learn to play ..
dansko sandals
from dansko sandals
dextromethor..
from dextromethorphan
link
from link
strontium su..
from strontium supp..
url
from url
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他( 26 )

論評する価値無し

Excite エキサイト : スポーツニュース

あのシーンはショッキングだったし残念だと思いましたが、原因に対しては何ら興味を持っていません。しかし、この原因を躍起になって探ろうとする動きに対しては、少なからぬ違和感と懸念を抱いています。

まず、「あの温厚なジダンがあんなことをしたからには相応の理由があったはず」という取り上げ方は、無意味というより、前提からはっきりと誤りです。ジダンはもともとああいう「キレ癖」のある選手で、それは彼のキャリアをちょっと見れば分かることです。

トッププレイヤーと称される選手の中で、彼ほど暴力行為によるレッドカードを頻繁にもらった選手もそうそういません。イタリア代表には「壊し屋」的な選手が付き物で、それは今大会ならガットゥーゾであったり問題となったマテラッツィであったりするのですが、彼らにしてもラフプレーによる警告・退場はあっても、「試合中の暴力行為」はまずありません。
ジダンは、普段がどれだけ寡黙で謙虚で温厚な為人だったとしても、少なくともピッチ上では、プラティニというより明らかにカントナの系譜を継ぐ選手でした。
もっとも、カントナが常に感情を解放させるタイプだったのに対して、ジダンは寡黙から激怒への変貌が異常に早いタイプだった、という大きな差はありますが。

More
[PR]
by youz | 2006-07-12 19:16 | その他

繰り返すが代表だけがサッカーじゃない

Excite エキサイト : スポーツニュース

W杯から帰ってすぐ始動する選手も、休暇を楽しむ選手も、それは人それぞれ。
確かなことは、彼らはトレーニングに4年を費やすほど暇じゃないということだ。
シーズン再開に備える選手が「4年後の為に」などと報道されるというのは、
Jリーグの試合とそのための練習を「準備」呼ばわりされているということだ。
各クラブのサポーターはもっと怒ってもいい。
いや、もうマスコミに怒る言葉などとうに失っているのかも知れないが……。
[PR]
by youz | 2006-06-26 22:28 | その他

・・・

Excite エキサイト : スポーツニュース

この審判は公正ではなかったが公平だった。
その無能さが両チームを等しく不快にさせたという点において――。

前半早々の宮本へのイエローも、
度重なる柳沢や高原へのトリッピングを流したのも、
後半、駒野がPA内で転倒したのを流したのも、

すべて、自分のジャッジが最終的な試合結果に責任を負うことから
逃れたかったからか。

という、要らぬ疑念をおぼえてしまう。
能力が足りないことには目を瞑るとしても、責任感までが欠如しているときては、
審判の資質無しとされてもおかしくあるまい。

もちろん、このオーストラリア選手の談話が真実だと仮定しての話だ。

しかし談話内容の真偽がいずれであれ、このオーストラリア人は自らのチームが
遂げた鮮やかな勝利を貶める発言をしたという自覚はあるだろうか?

審判のため、大会のため、敗れた日本のため、勝ったオーストラリアのため、
すべての関係者の名誉のために、この記事自体がガセであることを願わずには
いられない。
[PR]
by youz | 2006-06-13 17:11 | その他

オフザボール

Excite エキサイト : スポーツニュース

 オーストラリア戦を想定した9日の紅白戦。珍しく自分でチャンスを作り、ゴールを決めた。主力組の完璧(かんぺき)なゴールは柳沢だけ。本人は「とりあえずできたかな」と、クールに話したが、自信ありの笑顔も浮かべていた。


 柳沢を代表のレギュラーに押し上げたのは「オフ・ザ・ボール」と、FWながら、ディフェンスをキッチリとこなすことだ。オフ・ザ・ボールは耳慣れない言葉だが、近代サッカーには必要不可欠なテクニックのひとつ。


最近見始めたファンならともかく、サッカー記者がオフザボールを耳慣れない言葉と表現するのはさすがにどうなんだろうか。
[PR]
by youz | 2006-06-10 20:39 | その他

TB削除のお知らせ

商用と判断しうるTBリンクを削除しました。
過去のエントリに貼ってあるものなども全てです。
[PR]
by youz | 2006-06-04 14:21 | その他

日本代表

うん、選手選考はまあ妥当。
「あいつがいれば勝ててた」って言われるであろうことは毎度のことだし。

「最高のFWはいつだって試合に出ていない」
とはよく言ったもので、同じ試合が二度とない以上、つい我々は「ああもできた、こうもできた」と後から考えてしまう。選手や監督にとって、それは反省という意味で決して無駄ではないのだが、我々ファンが考えても詮ないこと。
(選手が挨拶に来なかったと言って怒り出すようなサポーター様は知らん)

とりあえず応援していこうかな、と思う。

99年ナイジェリア組がこれだけ揃った代表も、おそらく今回が見納めになるだろうしね。
[PR]
by youz | 2006-05-16 01:14 | その他

まあ妥当かな

Excite エキサイト : 経済ニュース

<デル社>防衛庁からPC5万6千台受注 ウィニー事件で [ 04月13日 18時29分 ]

 米大手パソコンメーカーのデルは13日、防衛庁から5万6000台のパソコンを一括受注したと発表した。落札額は約40億円。同庁では職員が私物のパソコンを業務に使い、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」経由で機密情報が流出した不祥事を起こしており、再発防止策の一環として大量発注で支給品に切り替えることにした。私物パソコンを業務から締め出す動きは警察など他の官公庁などにも広がっており、パソコン業界は「ウィニー特需」に熱い視線を注いでいる。

 デルによると、日本での1回の案件としては過去最大の規模で、官公庁に大量納入するのも初めて。平均単価はデスクトップ型が約7万円、ノート型が約7万6000円。機能を必要最低限に絞り込んだモデルで9月末までに納入する。

 デルは97年に国内市場に本格参入し、05年の出荷台数シェアは3位。今回の大量受注について「アメリカでは広く官公庁で採用されている。安さだけではなく、情報流出対策のノウハウの提供などサービス面も評価された」と話している。【斉藤望】



DELLって選択自体は妥当ですね。
FやNは何してたんだって思わなくもないけど、日本のメーカーはすべて総合電機メーカーであって、法人向けPC事業はずいぶん前からお荷物扱いという事情がありますからね。個人向けPCは高付加価値で利幅が大きいけど、法人向けPCは「余計な機能」は要らないわけで、必然的に利幅が小さくなります。
「大量に」「安く」作ることができて、さらに安定して売れる会社じゃないとその業界で戦えません。
いわゆる大企業と呼ばれる企業および企業グループで、PCの生産販売事業にリソースの大半を突っ込んでるのはDELLとレノボくらいです。
生産体制で国産メーカーがかなうわけがありません。(保守体制は国産メーカーの方がより進んでいると思いますけど)
PC導入の費用対効果で考えると、DELL、レノボ、それにせいぜいHPの三択でしょう。
そのうちもっとも安定供給を期待できるのはDELLです。
レノボも悪くはないメーカーです。むしろIBMを引き継いだだけあって、保守サービスはDELLより上でしょう。ですが、やはりIBMを引き継いだだけあって代理店との関係が難しく、これほどの大量発注に対応できるかはやはり疑問です。中国企業ということもあり、防衛庁との関係もかなり微妙でしょうしね。

私物PCをオフィスから排除するのは正しい方向(というかなんで今までやってなかったのかと小一時間ry)ですが、ウィニー特需って言い方が気になります。
セキュリティに問題起こす(ウィルスに狙い撃ちされる)ソフトはウィニーだけではなく。

結局「何が悪い」「誰が悪い」って話題が一人歩きするのが、今回の一連の問題だけでなく、報道全般に通じる悪弊かと思います。
[PR]
by youz | 2006-04-13 20:06 | その他

甲子園には魔物がおり、そしてマウンドは麻薬である

Excite エキサイト : スポーツニュース

さてこの試合、3点リードの9回裏でミス連発して同点にされた早実と、
そこまで攻めておきながら無死満塁でもう一点を取れなかった関西と、
どちらがより勝ちを逃がしたといえるだろう。

それはさておき、早実の斎藤投手は第二の荒木と呼ばれることもあるらしい。
むろんそれは誉め言葉であり、野球の伝統校とはいえ、都内有数の進学校と
なった早実が久しぶりに得た逸材であるという期待の表れなのだろう。
だが、「あの甲子園での酷使が……」と後悔するところまで荒木と一緒では
悲しすぎる。

「投げられるか?」と聞かれたら「投げます」と答えるしかないだろうが、
そこにストップをかけるのもまた大人の役割だ。
早実の監督には、彼を先発させないという決断を期待する。

高校で潰すには惜しすぎる逸材だ。


追記
さすがに再試合では控え投手が先発した。
しかし監督は無失点であったにも関わらず3回から斉藤投手をマウンドに送った。
試合結果は4-3で早実の勝利。
この結果、31日の準々決勝 対横浜高校戦で斉藤投手は三連投を余儀なく
されるだろう。
[PR]
by youz | 2006-03-30 02:41 | その他

分かる人だけ分かればよし

うちのことではないが…
アクセスが多い/増えたのはやはりそれなりに理由があるんだろう。
記事が魅力的だとか話題がキャッチーだとか、はたまたヲチ対象として熱いとかw

だけどアクセス増加の要因をAuthor当人から嬉々として解説されても、見てる側としては興ざめするしかない。そうやってご託宣たれて読者から「おぉ流石」ってレスポンスがあると思ってるのなら、そんなに人を馬鹿にした話もないわけで。

どう見ても妬みです。本当にありがとうございました。
[PR]
by youz | 2006-03-27 11:30 | その他

WBCまずはハッピーエンド

優勝はすばらしい結果。
プレーによるパフォーマンスはもちろん、異常なほどのテンションの高さ、、、、
当初の予想とは裏腹に、これが国際大会だ、といえるだけのものだった。

選手にも監督はじめ首脳陣にも現地で応援していたファンにも、
また参加した素晴らしいチームに、心から拍手を送りたい。

ただし松井をはじめとして辞退した選手をナショナリズムの観点から非難したり、
また逆に優勝の栄誉そのものをナショナリズム批判の観点から毀損したりと、
やたらと政治的な文脈で語られてるのにはうんざりさせられた。
(「優勝は対米追従政策のご褒美じゃないの?」なんてコメントを目にしたときはもうね、、、)

スポーツをスポーツとして楽しめない人々が日本にも増えているんだろうか。

代表戦だからといって不参加選手をなじったり相手国に敵意をむき出しにするのも、
「日の丸が映ってるからスポーツとして楽しめない」なんてトンチキな言説を吐くのも、
根っこにあるものは同じだなあ、、、、と思った大会でもあった。
サッカーで慣れてるはずなんだけど、あらためてそう思ったということで。
[PR]
by youz | 2006-03-23 10:43 | その他