政治・宗教・歴史……カタイ話をヤワラカクは無理ぽw
by youz


カテゴリ:歴史( 1 )

日本の韓国軽視

Excite エキサイト : 政治ニュース

盧大統領来日は困難 日韓外相が会談 [ 10月27日 23時28分 ]
共同通信
 町村信孝外相は27日夕、韓国の潘基文(バンキムン)外交通商相と都内の外務省飯倉公館で会談した。潘氏は、小泉純一郎首相の17日の靖国神社参拝について「韓国国民の気持ちを踏みにじるものだ」と厳しく批判。年内に予定される盧武鉉大統領の来日は「現状では厳しい雰囲気だ」と述べ、実現は困難との認識を示した。日韓閣僚級の対話は、首相の靖国参拝後初めて。町村氏は今回の会談を関係改善の足掛かりとしたい考えだったが、韓国側の強硬姿勢により、一層困難な状況となった。


意外や意外。
このブログで韓国を取り上げるのは初めてだ。

一言で言うと、「金鍾泌の穴は大きい」
まったく日本にとっては、彼ほど手強いが信頼できる交渉相手であり、なおかつ日韓関係の前進に寄与した人物もいないだろう。
他にあえて挙げるなら白善燁か朴正煕か金大中だろうか、こと日韓関係では、いずれも金鍾泌と同列視はできない。白は優秀な軍人であり知日的な政治家ではあった(日本からの援助を取り付けてソウルに初の地下鉄を通し、よど号事件では精力的に日本と協力した)が外交に直接タッチしてはいない。朴正煕の対日交渉ではほとんど金鍾泌が全権を委託されていた。金大中は専ら反体制のヒーローとして知られ、対日関係の改善においては大統領就任後の日韓パートナーシップ宣言が挙げられるくらいだ。無論これはこれで歴史的エポックとなりえた出来事だったが、これをコーディネートしたのも金鍾泌であることを考えると、もはや朴正煕以降の日韓関係史は、金鍾泌の個人史とほとんど重なるといっても過言ではない。
また現職大統領盧武鉉が初来日の際に国賓待遇となったのも、金鍾泌が大統領特使として精力的に運動した結果である。(そしてこれが彼の、対日外交における最後の公的な仕事となった)

more
[PR]
by youz | 2005-10-28 02:05 | 歴史